お支払い方法全国一律864円 1万円以上で送料+代引手数料無料ご注文はインターネット・FAX・お電話で

たのもうや@武道具店ご注文やお問い合わせなど お気軽にお電話ください!TEL:0120-41-3637
よくある質問とその答え
||| Q&A
[質問!剣道のなぜ?]小学生編[質問!剣道のなぜ?]中学生編
||| お手入れ方法
面のお手入れ方法 胴のお手入れ方法 甲手,小手のお手入れ方法 垂のお手入れ方法 竹刀のお手入れ方法 剣道着・剣道袴のお手入れ方法
||| 知識
剣道袴にある「五倫五常の教え」 剣道具について 剣道具の各部の名称・読みかた 剣道具をはじめて購入される方へ
||| 読み物
おいたちと発展 剣道の特性 有効打突とは 剣道用語辞典  ア行の部  ├カ行の部  ├サ行の部  ├タ行の部  ├ナ行の部  ├ハ行の部  ├マ行の部  ├ヤ行の部  ├ラ行の部  └ワ行の部

 
お手入れ方法


   剣道具のお手入れ方法


面のお手入れ方法
  面の使用後には、手ぬぐい等にて内輪の汗を十分に拭き取り、必ず日陰干しにて良く乾燥させるように心掛けて下さい。乾燥室がある方は、ご利用下さい。また、汚れのひどい場合には、まず、掃除機にて埃を取り除き、その後に堅くしぼった手ぬぐい等にて、汚れている部分を丁寧に拭き取り、再度日陰等に干して乾燥させて下さい。清潔に心掛け、通気性の良い場所にて保管して下さい。

 尚、一年に一回、あるいは使用頻度が多い人は半年に一回必ず専門店にて点検を受け、また永年使用されなかった面を再び使用する場合、同様に専門店で点検を受けましょう。

 また、剣道具クリーニングや消臭スプレー等も開発されておりますので、専門店へご相談下さい。

◆面がゆるい(きつい)場合
ご自分に合ったサイズ(顔・頭・体)選びについては、必ず専門店にてご相談下さい。
 面布団(耳下から肩に当たる部分)の長短は、肩幅に合わせ、特に後頭部が面布団からはみ出さない面を選んで下さい。また、面紐の取り付け方によって紐の長さが違います。
面紐を結ぶ位置は後頭突起部(目のうしろ側)のあたりで結びます。紐の長さは、面紐を結んだとき、結び目から40cm以内の長さになるように、調節してご使用下さい。

(1)余分な紐は切り落とします。
(2)切り落とした部分を3cm位ほぐします。
(3)ほぐした中から3本位の糸を取り出し、ひとつの束とします。
(4)同様に、もうひとつの束を作ります。
(5)ふたつの束を一周させて、固結びにてとじ終え、調整します。


【チェック事項】
「物見」(上から6本目と7本目の間が少し広くなっている)から見えるようにかぶります。
「物見」から見えるようにすると姿勢が正しくなります。
◆使用前に安全確認する所がわからない場合
下記が生じた時には、専門店にて点検修理・交換が必要ですのでご使用はおやめ下さい。
(1)面金のカシメがゆるんでいないかどうか確認しましょう。
(2)物見(広くなっている部分)がゆるんでいないかどうか確認しましょう。
(3)面ぶち革が傷んでいないか、確認しましょう。
(4)止め革が切れていないか、確認しましょう。
(5)内輪・天・地(顔に当たる布団部分)がずれたり、傷んでいないか確認しましょう。
▲ページTOP
胴のお手入れ方法
  ご使用後は、汗等の水分を十分に拭き取り、風通しの良い場所で、必ず日陰干しにて、よく乾燥させるように心掛けて下さい。また、汚れのひどい場合には、胴胸はブラシ等で軽くブラッシングし、胴台は手ぬぐい等をぬるま湯で濡らし良くしぼってから汚れを丁寧に拭き取り、竹刀等の油を落とした後、柔らかい布でから拭きし、再度風通しの良い日陰等に干して乾燥させて下さい。

 尚、革胴の場合には天然生皮を使用している為、湿度・乾燥等により、胴台の幅が広くなったり、狭くなったりする性質がありますので十分注意の上、特に風通しの良い場所で保管するよう心掛けて下さい。

 また、竹などの突っ返え棒を用いて、胴の裏側部分に挟み込んで置くと変形等の防止に役立つようです。

◆胴胸や胴台が破損してしまった、又は部品(ヘリ革・とじ革)が切れた場合の対処法
 胴胸と胴台をとじているとじ革やヘリ革が切れた場合は、胴胸と胴台の付根より折り曲がってしまった場合には、専門店へご相談下さい。また安全性に配慮し、竹刀の打突に対して十分に耐えられるように作られておりますが、胴を付けたまま倒れたり、伏せて置いた状態で何かのはずみで乗っかったりした場合には、胴台そのものが壊れることもありますので、取り扱いに注意して下さい。
 そして塗り胴の表面に竹刀等により生じた傷を目立たなくする為に、ご自分でワックス等を使用するとかえって白くくもりが生じることがあり、また修理しにくくなりますのでご注意ください。また、裏竹に割れやささくれ等が生じた時も、そのままご使用されますと危険ですので専門店にご相談下さい。
▲ページTOP
甲手,小手のお手入れ方法
  甲手,小手は剣道具の中で一番痛みやすいものなので普段のお手入れが肝心です。ご使用後には、手の内の革をよく引き伸ばして、風通しの良い場所で、必ず日陰干しにて、よく乾燥させるように心掛けて下さい。乾燥室がある方は、ご利用下さい。特に汗を多くかく夏や湿気の多い梅雨どきには、道具袋の中に入れたままにせず、風通しの良い日陰等に干して乾燥させて下さい。直射日光に当てると革の部分が、硬くなりやぶれやすくなりますので充分注意して下さい。

 甲手,小手の修理は、早目に専門店にお持ち下さい。また汗が残っている状態で連続使用されますと、甲手,小手の寿命を縮める結果となります。出来ればもう1組の甲手,小手を用意して、交互に使用することをおすすめします。

 尚,一年に一回、あるいは使用頻度が多い人は半年に一回必ず専門店にて、点検を受け、また、永年使用されなかった甲手,小手を再び使用する場合、同様に専門店で点検を受けましょう。 

 また剣道具クリーニングや消臭スプレー等も開発されていますので、専門店へご相談下さい。

◆甲手,小手を付ける際のチェックポイント
(1)甲手,小手は、小さくても大きくても使いにくいものです。自分の手に合ったものをお使い下さい。

(2)極端に甲手,小手布団が短いものを使用するには、安全性に問題があります。

(3)甲手,小手をつける時は、甲手,小手頭を持って手に押し込むようにし、はずす時には、甲手,小手布団を持って手を抜くようにします。
▲ページTOP
垂のお手入れ方法
   垂ひもがシワになった時は、アイロンをかけて下さい。また、前帯・大垂・小垂を時々軽くブラッシングして、風通しの良い場所で、必ず日陰干しにて、良く乾燥させるように心掛けて下さい。乾燥室がある方は、ご利用下さい。
▲ページTOP
竹刀のお手入れ方法
   竹刀は使用前に必ず点検しましょう。相手に危険が及びますので、必ず修理してご使用下さい。ささくれがある場合には、使用者の責任において手入具等にて入念に削ってください。

◆竹刀の点検方法

(1)まず、竹だけに分解します。
(2)小刀、カッター又はガラスや瀬戸物のカケラ、出来れば専用の工具(竹刀削り)などを使い、竹に直角に当てて竹の柄側から切っ先へ動かし、ささくれを削り取ります。逆向きにすると刃物が竹に食い込むので気を付けて下さい。ケガをしないように十分に注意して行って下さい。
(3)布やすりで表面をきれいにして、油等を塗っておくと、竹どうしがスムーズに擦れ合って竹刀が折れにくくなります。
(4)竹にワレ・ヒビがある場合は、大変危険ですので、必ず他の竹と交換して下さい。また、破損箇所にテープを巻いたり、接着剤を使用するのは絶対おやめ下さい。

◆竹刀の選び方とお手入れのコツ
(1)竹刀
(1)規格に合った竹刀を選びましょう。
(2)矯め割れ(竹刀の竹を熱して、矯正する時に出来た、ひび割れ)がないものを選びましょう。
(3)虫食いがないものを選びましょう。

(2)柄皮(吟・床)
竹刀の柄に合った物をお選びください。革紐が傷んでいたら、必ず取り替えて下さい。
※吟付革とは、表皮が付いているもので、床革とは、川をスライスして表皮が付いていないものを指します。

(3)先革(吟)

太い先革は抜けやすいので、竹刀の先に合った物を必ずお選び下さい。
先革は修理できないので、先が開く、穴があく、古くなる、などしたらすぐに取り替えます。

(4)中結い(吟)
ゆるんでいたり正しい位置にしないと危険なので、締め直して下さい。(竹刀全長の先端より約1/4)

(5)弦のゆるみ
新しい竹刀は一度使うと弦がゆるみます。この状態は非常に危険なので、締め直して下さい。

 尚、軽く打ってみて異音のする竹刀、または古くなった竹刀(古くなると自然竹のためもろくなる)は、思わぬ破損・事故につながりますのでご使用はお避け下さい。使用後は竹刀に油等を塗布し、日頃からのお手入に心掛けましょう。カーボン竹刀については、必ず専用の先ゴムを使用し、黒いカーボンが露出したらただちに使用をやめ、新しいピースと交換して下さい。尚、他の目的には、危険がともないますのでご使用しないでください。
▲ページTOP
剣道着・剣道袴のお手入れ方法
  剣道着・剣道袴の洗濯方法

 剣道着・剣道袴に使用されている木綿は縮むと思われていますが、綿自体が縮むのではなく、綿花から糸、糸から布、そして製品へと加工され、その間にいろいろな機械を通り、その際、繊維は常に引っ張られ製品へと変わって行きます。このように繊維が伸びきった状態で製品になると、木綿の繊維が水を吸ったとき膨らんで伸びきった状態を元へ戻そうとするのです。最初の選洗濯で最も大きく縮み、2・3回目後からは、それ以上縮まなくなります。

※藍染めの剣道着を洗う時は、剣道袴の襞をきちんとそろえてたたみ、剣道着の洗濯と同じ方法で洗うとうまく洗えます。
※洗濯機・乾燥機・洗剤等の使用は、なるべくお避け下さい。他の洗濯物とは、一緒に洗わないでください。


→剣道着・剣道袴のサイズ選びのチェックポイントはこちらをご参照ください



ページTOPへページTOPへ